BeeBetのプロモーションコード・ボーナス情報!!

ブックメーカーの税金を脱税するとバレる?かかる税金の種類や確定申告が必要なタイミングを解説

  • ブックメーカーで稼いだら税金が発生するって聞いたけど、脱税するとバレるの?
  • ブックメーカーにはどんな税金がかかって、どんな手続きをすればいいか分からない…

ブックメーカーを利用している方や、これから利用しようと考えている方であれば、上記のように悩んでいることでしょう。

ブックメーカーで稼ぐことは、給与を貰うことと同じように収入を得る1つの方法なので、税金が発生します。

給与所得は、給与から所得税や住民税を引く源泉徴収で税金を納めていますが、ブックメーカーで稼いだ際は自分で確定申告を行い、納税しなければなりません。

かかる税金の種類を判別したり確定申告をしたりするのは自力では難しいので、記事本編にてブックメーカーで得た収益にかかる税金の種類や確定申告が必要なタイミング、確定申告の手順、税金対策の方法などを解説します。

また、記事冒頭ではブックメーカーの税金を脱税するとバレるのかという部分も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

税金制度は少しややこしいところもありますが、一度理解すれば確定申告は簡単なので、構え過ぎずリラックスしてご覧ください!

トシキ

ざっくりまとめると…
  • ブックメーカーの税金は、脱税するとバレる可能性が高い!
  • ブックメーカーの税金は一時所得に分類されることが多い!
  • 確定申告が必要なのは、ブックメーカーで年間70万円以上または98万円以上を稼いだ時
  • ブックメーカーは他のギャンブルに比べて還元率が高く、遊び感覚で始められる!
  • ブックメーカーを始める際は、お得なボーナス・キャンペーンを逃さないように注意しよう!
  • ブックメーカーを始めるなら「BeeBet」がおすすめ!

 

 

>新規登録の方限定!登録するだけでなんと
10ドル(約1,500円)分のフリーベットが貰える!

プロモーションコード▶︎『10SPORTS』/

ブックメーカーの税金を脱税するとバレる?

結論からお伝えすると、ブックメーカーの税金を脱税するとバレるリスクは高いです。

税務署は銀行口座の入出金記録をチェックできるため、ブックメーカーで得た収益を銀行口座へ出金した場合には簡単に脱税が発覚してしまいます。

また、海外の銀行口座を用意し、海外の銀行口座に出金した場合もバレるリスクが高いです。

各国間で講座情報を共有する仕組みであるCRS(Common Reporting Standard)によって、日本を含めた100ヵ国以上の国が金融機関の口座情報を共有しているため、たとえ海外の口座であっても情報は筒抜けと考えましょう。

仮に、ブックメーカーの税金を脱税した場合、以下のペナルティが課せられます。

脱税のペナルティ 概要
過少申告加算税 申告期限内に申告していたものの、納税すべき額より申告額が少なかった場合に課される税。

本来納税すべき金額の10%が加算される。

無申告加算税 申告期限までに申告をしなかった際に課される税。

申告期限を過ぎて申告した場合、本来納税すべき金額に15%が加算される。

不納付加算税 源泉所得税を期限までに納付しなかった際に課される税。

自主的に申告した場合は5%、税務署に指摘された場合は10%が課される。

重加算税 納税額を意図的に隠ぺいして無申告や過少申告を行った際に課される税。

本来納税すべき金額に35~40%が加算される。

延滞税 期限までに納付されなかった税金に延滞金のような課税。
利子税 資金繰りが上手くいかず、期限までに納税できないことを税務署に申告し、支払い期限延期の適用を受けた場合に課税される税。
脱税を甘く見ている人は多いですが、実際脱税が発覚するとかなり重いペナルティを課されるため、虚偽の申告は行わないようにしましょう。

トシキ

>新規登録の方限定!登録するだけでなんと
10ドル(約1,500円)分のフリーベットが貰える!

プロモーションコード▶︎『10SPORTS』/

ブックメーカーで得た収益にかかる税金の種類

ブックメーカーで得た収益にかかる税金の種類は、以下の2つに分類されるケースが多いです。

  • 一時所得
  • 雑所得

それぞれの内容や税金の計算方法などを解説します。

一時所得

一時所得とは、競馬やブックメーカーなどのギャンブルで得た収益など、労働や役務の対価としての性質や資産としての性質を持たない一時的な所得を指します。

一時所得は、以下のような場合に対象となります。

  • 福引きの賞金
  • 競馬やブックメーカーなどの払戻金
  • 法人から贈与された金品

基本的に一時所得は課税対象となりますが、得た金額によっては非課税となり、非課税となった場合には確定申告を行う必要がなくなります。

基本的にブックメーカーで得た収益は、一時所得に該当することも覚えておきましょう!

トシキ

計算方法

一時所得は、次の手順で計算します。

  1. 一時所得額を計算する
  2. 控除額を引く
  3. 半分の金額を総所得金額に加算する

まずは、ブックメーカーで稼いだ一時所得額を計算します。

例えば、年間を通して勝ち額100万円・負け額50万円の場合、「100万円(勝ち額)-50万(負け額)-50万円(一時所得額)」と計算するのではありません。

実は、一時所得額は勝ち額そのものに対してかかるため、負け額は控除できない仕組みとなっています。

そのため、まずは勝ち額を一時所得額として考えましょう。

次に、ブックメーカーで得た払戻金から、購入金額といった控除額を差し引きます。

分かりやすくするために、今回は購入金額1万円のみ控除額として計算します。

控除額には、以下のものが含まれます。

  • 購入金額
  • 馬券代
  • 投票手数料
  • 配当金

さらに、一時所得は50万円の特別控除が設けられているため、上記の計算で得た金額から50万円を差し引きます。

  • 「100万円(勝ち額)-51万円(控除額)=49万円(控除後の一時所得額)」

そして、控除額の一時所得額に÷2をします。

  • 「49万円(控除後の一時所得額)÷2=24.5万円(一時所得)」

24.5万円が総所得金額として給与所得や事業所得に合算され、納税すべき金額が増えるという仕組みです。

なお、50万円までの収益は非課税となります!

トシキ

雑所得

雑所得とは、事業所得や給与所得、一時所得など9種類の区分に当てはまらない所得を指します。

ブックメーカーやギャンブルで稼いだなどで稼いだお金は一時所得に分類されるケースがほとんどですが、以下のような場合は雑所得として扱われます。

  • ブックメーカーを投資・事業として運営している
  • アフィリエイトでブックメーカーの収益を得ている

ブックメーカーを投資や事業として楽しんでいる場合には、一時所得ではなく雑所得や事業所得として扱われるケースもあります。

ただし、ほとんどの方は趣味として楽しんでいるため、一時所得に分類されると考えておきましょう。

計算方法

雑所得は、以下の手順で計算します。

  1. 雑所得額を計算する
  2. 必要経費を引く
  3. 給与所得と雑所得を合算する
  4. 基礎控除、医療費控除等を引く
  5. 課税所得に税率を掛けて所得額計算

雑所得が発生した場合、給与所得と合算して確定申告を行います。

まずは、雑所得額を計算します。

ブックメーカーで計画的に年間200万円の勝ち額を得ていたとして、経費として認められるのは購入金額となり、購入金額は5万円とします。

  • 200万円(勝ち額)-必要経費(5万円)=195万円

続いて、雑所得と給与所得を合算します。

  • 給与所得が300万円の場合、195万円(雑所得)+300万円(給与所得)=495万円

ここから、基礎控除や社会保険料控除、医療費控除、配偶者控除などを引きます。

今回は分かりやすく基礎控除48万円のみ控除額として計算します。

  • 495万円(雑所得と給与所得の合算)-48万円(基礎控除)=447万円

ここから、以下の超過累進課税率の計算を行います。

引用元:国税庁所得税の税率

447万円の場合、税率20%の区分となるので「447万円×0.2%=89万4,000円」となり、89万4,000円から控除額の42万7,500円を引きます。

  • 89万4,000円-42万7,500円=46万6,500円(課税額)

このように、雑所得の場合は複雑な計算方法が求められます。

なお、仮に勝ち額200万円以上に負け額が多くなり、雑所得としてマイナスとなった場合には給与所得と損益通算できるため、課税額は減少します。

ブックメーカーで確定申告が必要なタイミング

ブックメーカーで確定申告が必要なタイミングは、以下の通りです。

  • 1年間で70万円を超える勝利金が発生したとき【給与所得者】
  • 1年間で98万円を超える勝利金が発生したとき【学生・主婦・主夫】
  • 給与所得・退職所得以外の所得の合算が20万円以上あるとき
  • 扶養者は38万円以上で扶養から外れる
両親やパートナーの扶養者は、扶養から外れる金額も押さえておきましょう!

トシキ

1年間で70万円を超える勝利金が発生したとき【給与所得者】

給与所得者の場合、1年間で70万円を超える勝利金が発生すると、確定申告が必要となります。

ここで注意すべきは、勝ち額-負け額と計算するのではなく勝ち額そのものに所得税がかかるため、年間70万円を超える勝利金が発生したら確定申告を行いましょう。

1年間で98万円を超える勝利金が発生したとき【学生・主婦・主夫】

学生や主婦・主婦の場合は、年間98万円を超える勝利金が発生すると、確定申告を行いましょう。

学生や主婦・主婦は一時所得の特別控除50万円に加えて基礎控除48万円が適用されるため、年間98万円が上限となります。

給与所得・退職所得以外の所得の合算が20万円以上あるとき

仮に、ブックメーカーで得た一時所得(勝利金-購入金額-特別控除)÷2と他の所得の合計が20万円を超えると、確定申告が必要となります。

例えば、ブックメーカーに加えて仮想通貨投資を行っていた場合、これらの所得を合計した際に20万円を超えると納税の義務が発生すると覚えておきましょう。

扶養者は38万円以上で扶養から外れる

親や配偶者の扶養に入っている場合、所得38万円を超えると扶養を外れます。

所得38万円は、勝ち額-特別控除50万円÷2の計算で38万円を超えないようにしましょう。

税金ルールはかなりややこしいので、不安な場合は税理士に相談してみることをおすすめします!

トシキ

ブックメーカーの税金を確定申告する手順

ブックメーカーの税金を確定申告する手順は、以下の通りです。

  1. 年間の収支をまとめる
  2. 確定申告書を作成する
  3. 確定申告書を税務署に提出する

それぞれ解説します。

1.年間の収支をまとめる

まずは、年間の収支をまとめましょう。

ブックメーカーの税金は勝ち額に対して所得額がかかりますが、勝利時の購入金額は控除できるため、あらかじめ負け額と分けて計算することをおすすめします。

実は、負けの購入金額は控除できない仕組みになっているから、勘違いして負けの購入金額まで控除しないようにしましょう!

トシキ

2.確定申告書を作成する

続いて、確定申告書を作成します。

確定申告書には、以下の情報が必要です。

  • 氏名
  • 住所
  • 年収
  • 一時所得
  • 控除額

一時所得は、確定申告書の「所得金額の計算」の「一時所得」の欄に記入します。

控除には、各種社会保険料や生命保険料などの控除を受けることができます。

確定申告書の書き方が分からない場合は、税務署に行くと分かりやすく教えてくれます!

トシキ

3.確定申告書を税務署に提出する

確定申告書を作成したら、税務署に提出する必要があります。

確定申告書の提出期限は、2月16日~3月15日です。

紙で提出する場合は直接税務署に持って行く方法と郵送を選択でき、インターネット上で手続きを行う場合はインターネットで提出できます。

仮に、書類に不備があれば税務署から再提出を求められる場合があるので、初めて確定申告を行う場合は郵送ではなく税務署で手続きを行うことをおすすめします。

提出期限を過ぎると課税されてしまうので、必ず期限を守りましょう!

トシキ

ブックメーカーの税金対策

ブックメーカーは税金がかかりますが、税金対策を行うことで限りなくゼロに近づけることが可能です。

ブックメーカーの税金対策は以下の通りです。

  • 出金する金額やタイミングを調整する
  • 仮想通貨ウォレットに出金する
  • プリペイド式のデビットカードへ出金する

裏技的な税金対策について解説するので、参考にしましょう。

出金する金額やタイミングを調整する

仮に、ブックメーカーで大きな利益が発生しても、出金しなければ確定申告を行う必要はありません。

例えば、会社員の方が年末RIZINで130万円の勝利金を得た場合、12月31日に65万円出金し、1月1日に65万円出金すれば確定申告の必要はなくなります。

仮に、1月1日に65万円出金した年度に5万円以上出金しなければ、その年度の税金もかからないので、出金する金額とタイミングを調整しましょう。

所得税は1月1日から12月31日までに発生した所得に対してかかるので、年度が変わると再びゼロに戻るイメージです!

トシキ

仮想通貨ウォレットに出金する

仮想通貨は一時所得ではなく雑所得に分類され、一時所得より経費として計上できる項目が増えるため、銀行口座ではなく仮想通貨ウォレットに出金するのも一つの税金対策です。

また、仮想通貨ウォレットに出金した時点では税金がかからず、仮想通貨ウォレットから銀行口座に出金したタイミングで税金がかかります。

そのため、ブックメーカーで得た利益を仮想通貨ウォレットに移し、そのまま仮想通貨投資で稼ぐという方法も選択できます。

ただし、仮想通貨投資で利益が発生した際は雑所得が発生するので、脱税に注意しましょう。

プリペイド式のデビットカードへ出金する

こちらの方法はグレーですが、プリペイド式のデビットカードを発行できる電子決済サービスを利用すると、銀行口座に履歴を残すことなく出金可能です。

スティックペイで意図的に出金すると脱税になってしまう可能性があるので、あまりおすすめはできません。

>新規登録の方限定!登録するだけでなんと
10ドル(約1,500円)分のフリーベットが貰える!

プロモーションコード▶︎『10SPORTS』/

ブックメーカーの税金を脱税しないための注意点

ブックメーカーの税金を脱税しないためには、確定申告のやり方や課税対象のものを理解し、勝ち額・負け額・それぞれの購入金額をメモしておくことです。

ブックメーカーは勝ち額に対して課税され、勝ち額の購入金額のみ控除でき、一時所得の場合は損益通算を行えないので負けた試合は無視してしまって問題ありません。

課税対象のものが分かれば、あとは手順通りに期間内に確定申告を行いましょう。

不明点があれば税務署に行き、質問すると一つひとつ丁寧に教えてくれます!

トシキ

ブックメーカーで稼いだら税金を納めよう!

本記事では、ブックメーカーの税金制度について網羅的に解説しました。

税金ルールはややこしいと苦手意識を抱えている方は多いですが、「どのようなものを所得として計算するか」ということをイメージができれば、経費に落とせるものもなんとなく分かるようになります。

基本的にブックメーカーは一時所得に分類され、70万円~98万円を超えると確定申告が必要であり、50万円の特別控除と勝利時の購入金額が控除されることを知っていれば、損をすることはなくなります。

多くのプレイヤーは「稼いだ後の税金をどうしよう…」と、どこか後ろめたい気持ちでプレイしていますが、税金について詳しくなったプレイヤーは自信をもって楽しくプレイできているので、仮にまだブックメーカーを始めていない方は、以下のボタンからブックメーカーを始めましょう。

>新規登録の方限定!登録するだけでなんと
10ドル(約1,500円)分のフリーベットが貰える!

プロモーションコード▶︎『10SPORTS』/