BeeBetのプロモーションコード・ボーナス情報!!

BeeBet(ビーベット)は日本で違法なの?合法性や安全性を法律面・運営会社から徹底解説

この記事では、日本人登録者が急増中のブックメーカー「BeeBet(ビーベット)」の違法性や安全性を徹底解説します!

きっとあなたも「BeeBetって違法性はないの?怪しくないの?」と疑問に思っていることでしょう。

ユウキ

興味はあるけど、なんとなく怖いし不安

という方がほとんどだと思います。

僕もBeeBetに登録する前は「本当に大丈夫なの?」と思っていたので、気持ちは十分にわかります!

トシキ

結論からお伝えすると、BeeBet自体はキュラソー政府からライセンスを受けた企業によって適切に運営されているため、違法性はなく安全なサービスです。

では、なぜ「BeeBetに違法性はなく、怪しいサービスでもない」と言えるのでしょうか。

この記事では、BeeBet(ビーベット)の違法性・安全性について徹底解説します。

ざっくりまとめると…
  • BeeBet」はライセンス企業により適切に運営されており安全に利用できる
  • BeeBet」は運営元は海外業者で、日本の法律は適用されない
  • BeeBet」はキュラソー政府から運営ライセンスを取得済み
  • BeeBet」は日本語サポートが充実で初心者でも安心して利用できる
  • BeeBet」は登録するだけでもらえる30ドル分のフリーベットを配布中
  • BeeBet」はブレイキングダウンの影響で日本人ユーザーが急増中!

 

 

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!

※当サイトは日本居住者ではなく、海外居住の日本人に向け、スポーツベッティングの情報を提供することを目的としています。

BeeBet(ビーベット)で遊ぶのは違法なの?

この項目では、BeeBetに違法性があるのかどうかについて、詳しく解説していきます。

ポイント

・ライセンスを受けた企業が合法的かつ適切にBeeBetを運営している

・海外に拠点を持つBeeBetが日本から検挙されるとは考えにくい

要点は以上の2点にまとめられます。

ライセンスを受けた企業が合法的かつ適切にBeeBetを運営している

BeeBetの運営会社である「1ban Ventures B.V.」は、カリブ海にあるオランダ領キュラソーを拠点としており、政府発行のライセンスを取得しています。

ライセンス企業により運営されるBeeBetは、不正はもとより、情報保護やマネーロンダリング防止などについても適切に運営されています。

キュラソー政府による監視が働いているので、安心して利用できます!

トシキ

また、「1ban Ventures B.V.」は、海外にあるサーバーを経由してサービスを提供しているため、日本の法律は適用されません。

そのため、日本の捜査機関がBeeBetに、賭博場を開いて利益を図ったことに対する「賭博開帳図利罪」を問うことはできません。

BeeBetが日本で検挙されることは考えにくいので、その点は安心してください。

運営企業に関しては「BeeBetの安全性・信頼性」の項目で、詳しく解説しています!

トシキ

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!

日本国内に拠点を置くオンラインカジノは違法

オンラインカジノの日本国内における違法性を判断する基準として、運営企業が「日本国内に拠点を置いているかどうか」が重要なポイントになります。

もし日本に拠点を置き、日本のサーバーを使って運営しているブックメーカーで遊んだ場合は、日本の「賭博罪」が適用されるため確実に違法となります。

このケースでは、海外に居住している場合でも顧客リストなどから現地当局へ逮捕依頼が出される可能性や、帰国時に拘束される可能性があります。

しかし、BeeBetはあくまでオランダ領キュラソーに拠点を置き、海外のサーバーを介してサービスを提供しています。

そのため、BeeBetが日本の警察に摘発されるということは考えにくいです。

こういった法律面をしっかり理解しておくことが大切です。

トシキ

帰国した際に取り調べを受けるといったことがないよう、海外を拠点とし、ライセンスを持ったブックメーカーを利用しましょう!

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!

BeeBet(ビーベット)の安全性・信頼性

BeeBet(ビーベット)の安全性・信頼性

BeeBet自体に違法性はないと解説してきましたが、「海外企業によって運営されていると聞くとなんだか不安」と思う方もいますよね。

ここでは、BeeBetの安全性・信頼性のポイントについて解説していきます!

安全性・信頼性のポイント
  • オランダ領キュラソーのライセンスを取得した会社が運営
  • 運営企業の情報もしっかりと公表されている
  • 安心して利用できるセキュリティ体制を構築
  • 24時間365日体制で日本語サポートを提供

オランダ領キュラソーのライセンスを取得した会社が運営

先ほども少し解説しましたが、BeeBetはオランダ領キュラソーに拠点を置いているブックメーカーサイトです。

BeeBetはサービスを運営するにあたり、キュラソー政府が公認しているライセンスを取得しています。

一般的にライセンスを取得するためには、膨大な時間と資金が必要と言われており、ライセンスを持っているだけでも信頼性を示す指標となります。

また、キュラソーのライセンスを取得した業者は第三者機関に運営内容を開示し、不正を行っていないか常に監視されています。

この点から、BeeBetが安全性・信頼性を担保しているブックメーカーであることがよく分かります。

BeeBetライセンス

上記の画像はキュラソー政府から委任を受けた企業が発行する「Antillephone License」の表示です。 

2024年7月13日の時点で、BeeBetのライセンスが 「VALID=有効」 であることが確認できます。

所在地やメールアドレスも記載されていますね!

トシキ

運営企業の情報もしっかりと公表されている

運営企業の情報もしっかりと公表されている

引用:https://opencorporates.com/companies/cw/156565

BeeBetの安全性がわかるポイントの一つとして、運営企業の情報もしっかりと公表されていることも挙げられるでしょう。

上記画像は、BeeBetを運営する「1ban Ventures B.V.」に関する基本情報ですが、会社名や企業番号、住所などがしっかりと一般公開されています。

以下に、画像中の重要な情報をまとめてあります。

法人名 1ban Ventures B.V.
法人番号 156565
企業形態 有限責任私会社
管轄 キュラソー
登録住所 Fransche Bloemweg4 Curaçao

トシキ

怪しいブックメーカーサイトの中には、運営実態がはっきりしていないサービスもありますが、BeeBetであれば安心して利用できますね!

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!

安心して利用できるセキュリティ体制を構築

BeeBetでは、ユーザーが安心してスポーツベットやカジノゲームで遊べるように強固なセキュリティ体制を構築しています。

実際、BeeBetの公式サイトで掲載されているプライバシーポリシーでは、以下のようなセキュリティに関する内容が明載されています。

05 個人情報のセキュリティについて

個人情報が安全に保管されるために、適切な技術や対策を用いて、不法な処理ならびに不正アクセスから守ります。

引用:プライバシーポリシー|BeeBet (ビーベット) 

具体的な内容までは記載されていませんが、厳しいキュラソーのライセンスを保持するため、堅牢なセキュリティ体制であることは間違いありません。

24時間365日体制で日本語サポートを提供

BeeBetは海外を拠点としたサービスではありますが、日本人にも充実したサポートを行っていることで有名です。

具体的には、24時間365日体制で日本語でのカスタマーサポートを提供しています。

何かわからないことがあったり、不明点が出てきたときでもすぐに問い合わせられるので、安心して利用できます。

他のブックメーカーサイトでは、そもそも日本語でのサポートを行っていなかったり、「完全日本語サポートあり」と謳っていてもカタコトの日本語で対応されるケースもあります。

これまでブックメーカーを利用したことがない初心者の方でも、BeeBetであれば安心感・信頼感を持って利用することが可能です!

著名人も利用している

ブレイキングダウンの設立者でもある格闘家の朝倉未来さんは、自身のYouTubeチャンネルでBeeBetにベットする様子を投稿しています。(動画の8:00以降)

顔出しで活動する有名人ですら摘発されていない中で、一般人が個人的にブックメーカーを利用していて摘発されるとは考えにくいです。

リスクが全くないとは言い切れませんが、社会通念や当局側の体裁を考えても、可能性は高くないと思われます。

ユウキ

安全と理解できたから、BeeBetを始めてみたいけど、どうやって登録するの?
BeeBetの登録方法については「BeeBetの登録方法」の記事で画像付きで説明しているよ!

トシキ

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!

ブックメーカー・オンラインカジノを利用する際に気をつけたい3つの注意点

オンラインカジノを利用する際の注意点

ここまでBeeBetの安全性・信頼性をご紹介してきましたが、ブックメーカー・オンラインカジノを利用する際に気を付けたい注意点がいくつかあります。

知らず知らずのうちに違法行為を行ってしまう可能性もあるので、以下の3つの注意点は必ず事前に把握しておくようにしましょう!

3つの注意点
  • 国内にある店舗ではオンラインカジノで遊ばないようにする
  • 日本人がディーラーのテーブルでは遊ばないようにする
  • SNSなどでオンラインカジノに関する投稿は控える
なお、BeeBetで遊ぶことは危険ではないので、参考程度に知っておきましょう!

トシキ

国内にある店舗ではオンラインカジノで遊ばないようにする

BeeBetをはじめとしたブックメーカーで遊ぶ際には、「国内にある店舗では遊ばない」ようにしてください。

というのも、海外のブックメーカーであったとしても日本国内の店舗で遊ぶと「日本でギャンブルをした」と判断され、賭博罪の罪に問われてしまうからです。

実際、店舗における摘発事例があります。その際の判断においては、やはり日本国内に店舗があることが賭博罪・賭博開帳図利罪の成立要件として重視されています。

東京などではオンラインカジノができる店舗(闇カジノ)がひっそりと営業しているケースがありますが、絶対にこういった店舗には行かないようにしてくださいね。

日本人がディーラーのテーブルでは遊ばないようにする

事前に知っておきたいオンラインカジノの注意点として、「日本人がディーラーのテーブルでは遊ばないようにする」ことも挙げられます。

ブックメーカーの中には、本物のカジノができるような体験を楽しめるように、画面越しにリアルタイムで賭けができるサービスをしていることがあります。

こういったリアルタイム・カジノを海外からプレイすること自体は違法ではありませんが、日本人がディーラーのテーブルで遊ぶと、帰国した際に日本人向けのギャンブルに参加したと判断される危険性があるでしょう。

トシキ

こういったグレーゾーンな履歴を残さないためにも、やはり日本人がディーラーのテーブルは避ける方が無難ですね!

SNSなどでオンラインカジノに関する投稿は控える

オンラインカジノで勝ったときには、つい嬉しくなってTwitterなどのSNSに投稿しがちですよね。

しかし、SNSにブックメーカーで遊んだ記録を残しておくと、そこから賭博罪の疑いで逮捕されてしまう可能性があります。

実際、過去に発生した「スマートライブカジノ事件」はSNSでの投稿が発端となり、警察に発覚したとも言われています。

SNSでの投稿はIPアドレスを辿るなどすれば簡単に個人を特定することが可能です。

海外からブックメーカーで遊ぶことは違法ではないですが、危ない橋を渡らないためにSNSでの投稿は控えるようにしてください。

アカウント情報が見える画面を載せるなどもってのほかです!

トシキ

スマートライブカジノ事件とは?

スマートライブカジノ事件は、オンラインカジノ利用者が逮捕された事件です。

2016年3月10日、京都府警は自宅から海外オンラインカジノを利用していた3人を賭博の疑いで逮捕しました。

この事件の注目どころは、自宅からオンラインカジノを利用しているだけで逮捕されたことではなく、この後の展開です。

逮捕された3人のうち2人は罪を認め略式起訴から罰金となりましたが、1人は弁護士をつけて検察に意見書を提出。なんと不起訴処分となったのです。

・海外でライセンスを持っているカジノ側を処罰できない
・胴元を処罰できないので付随的なものとされるユーザーへの処罰も行えない

というポイントから意見書を提出したようです。

このように不起訴となった結果、日本人を対象するオンラインカジノ・ブックメーカーが増加しました。

注意事項を守って安全に遊びましょうね!

トシキ

BeeBet(ビーベット)の違法性・危険性などに関するよくある質問

BeeBet(ビーベット)違法性・危険性 よくある質問 知恵袋

記事の最後に、BeeBetの違法性などに関するよくある質問に回答していきます。

トシキ

まだBeeBetのサービスについて少しでも不安がある方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

BeeBetは違法ですか?

BeeBetはキュラソー政府からのライセンス交付を受けたブックメーカーであり、違法性はありません。

ここまでご紹介したように、BeeBetはカリブ海にあるオランダ領キュラソーを拠点としているブックメーカーです。

キュラソー政府が発行しているゲーミングライセンスを取得して、適切に運営されています。

また、サービスもキュラソーのサーバーを介して提供しているので、日本の「賭博罪」は適用されません。


利用する際には本人確認は必要ですか?

アカウントを登録する際には、本人確認を行う必要はありません。

しかし、アカウントから稼いだお金を出金をするときに本人確認が必要になるので、出金タイミングで身分証明書を提出するようにしましょう。

なお、提出できる身分証明書としては、以下の書類などが挙げられます。

  • パスポート
  • 運転免許証

BeeBetを始める方法は?

以下のような手順で始めることができます。

  1. 登録ボタンから公式登録ページに移動
  2. フォームに従って個人情報を入力
  3. 電話認証を行う
  4. 「アカウントを作成」をタップ
  5. アカウントを作成できたら入金する

アカウントの作成はフォームに従って情報を入力するだけで簡単に行うことができます。

詳しくはBeeBetの登録方法の記事をご覧ください。


利用する際の注意点はありますか?

BeeBetを利用する際には、絶対に複数アカウントは作成しないようにしてください。

実際、BeeBetの利用規約でも「ユーザーは一つのアカウントしか登録できない」という旨が記載されており、複数アカウント作成は禁止行為に該当します。

もしこの規約を破ってしまった場合、最悪アカウントが凍結される危険性もあるので、十分に注意するようにしましょう。


何歳から利用できますか?

BeeBetでは、自社の対象顧客を18歳以上の成人としています。

しかし、自分が居住している国でギャンブルに関する法律がある場合、法律で定められている年齢が優先されるようです。


クレジットカード入金は安全ですか?

BeeBetではクレジットカード入金に対応しており、安全に利用できます。

SNSでもクレジットカードの不正利用や情報流出の口コミは一切みられないので、その点も心配は不要でしょう。

ビーベットで利用できる入金方法は以下の通りです。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキング決済
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • コンビニ決済
  • 銀行振込ATM
  • イーウォレット
  • ベガウォレット
  • Muchbetter
  • 仮想通貨
  • Payz

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!

まとめ:BeeBet(ビーベット)自体に違法性はなく安全に使える!

BeeBet(ビーベット)に違法性はなく安全に使える!

今回の記事では、現在人気沸騰中のブックメーカー「BeeBet(ビーベット)」の違法性などについて解説してきました!

ご紹介したように、BeeBetはオランダ領キュラソーに拠点を置いている海外のブックメーカーなので、日本国内を取り締まる法律の適用外となっています。

トシキ

つまり、BeeBetが検挙されることは考えにくいので安心してくださいね!

さらに、BeeBetは完全日本語対応していて、日本人に最も使いやすいブックメーカーなので、ぜひ安心してスポーツベッティングを楽しんでください!

登録だけで30ドル分のフリーベットが貰える!

プロモーションコードの入力不要!